megaten

7月15日 Nintendo Switch Online の追加タイトルとして「真・女神転生」が追加されました。数多く出ているメガテンシリーズ。長くゲームに親しんでますが実はメガテンもペルソナもやったことがないんですよね。追加タイトル発表とほぼ同時に「真・女神転生Ⅴ」と「真・女神転生Ⅲ」のリマスターが発売されることが発表されました。

「新作ちょっと気になるなー、これを機に初代メガテンを遊んでみるか!!」ということで、少し前からプレイし始め先日無事クリアいたしました!ので今回の日記を書くことにしました。

今回は「さくっとメガテンをクリアしてみたい」人向けに作った記事となります。

・遊んでみたいけど時間がかかりすぎるのは嫌
・実況動画を見るより自分で一度遊んでみたい
・初代がどんな感じだったのか味わってみたい

そういった人向けにクリアの手助けになる方法を私なりにいくつかまとめてみました。「とりあえず原点である初代メガテンクリアしてみたいな」という人は是非とも参考にしてみてください。

逆に攻略を見ずに楽しみたい。当時の環境のまま遊んでみたい。やりこみ要素を制覇したい!といった方には不向きの記事となっておりますのでご了承くださいませ。

とにかくクリアを目指す人向けのプレイ方法


まず「真・女神転生」はスーファミゲーだけあって結構古いゲームとなります。1992年発売なので28年前のゲームとなり、今プレイしてみると色々と不便な部分が多いです。なのでクリアだけを目指す場合は、邪道と言われるかもしれませんが実機機能や攻略サイト片手にクリアを目指します。


1. Switch版の機能をフルに活かして攻略する


プレイを進めていくうちに気づいたのですが、このゲーム極端にセーブ地点が少ない+遠いんですよね。そのまま遊んでると、うっかり死んだ際にとんでもなく悲しいことになります。なのでまずはこの辺りをプレイしやすくしましょう。



 どこでもセーブ機能をフル活用する



そこで大活躍するのがSwitch Onlineの機能としてある「どこでもセーブ」機能です。本来であればセーブするためにいちいち戻らなければなりませんが、この機能を使えばいつでもどこでもセーブができます。セーブも4個まで作れるので、ボス戦前やストーリー分岐が起きそうなとき時、あとは長時間セーブしてないなーという時は小まめにセーブすることをおすすめします。

プレイした際に画面下にでかでかと書いてあるので説明不要な気もしますが、どこでもセーブ機能を使いたい場合はコントローラーのZL ZRボタンを同時押しすればOKです。ちなみにセーブだけでなくロードもいつでもどこでもできますので、ミスったなぁ!って時は即座にロードもできます。ガチ便利機能。


 巻き戻し機能をフル活用する



Switch Onlineにはもう一つ便利な機能があります。それは巻き戻し機能です!!どこでもセーブと並び、とんでもなく便利な機能となります。

例えば戦闘システムに「TALK」機能があります。これは悪魔と会話をし、その結果次第では仲間になってくれたり物をくれたりします。ただ選択肢を間違えてしまうと戦闘になってしまい、「仲間にしたいのに戦闘になってしまった」という状況が結構な頻度で発生します。

なのでこういった時は巻き戻し機能を使い選択肢を選びなおしましょう!

もうほんと、まじこの機能便利だから。最強だから。これで仲間になった悪魔数知れず。仲間に出来ない場合は結局戦闘になってしまうんですが、そういった場合も「金くれ」「MAGくれ」とかに選択肢を変えれば戦闘を避けられます。懐もホクホク。もうほんとまじ便利。是非活用してください。

ちなみに使い方はZL ZRボタンを長押しです。長押しすると下側にコマ送りがでてくるので、戻したいコマを選べばその時点までゲームが巻き戻ります。

注意点としては「数秒ごとにコマを切り取っている」ことと「一定の時間しか遡れない」こと。例えば少しの間離席して戻ってきた場合、離席中はずっと同じ場面が記録されることになります。戻って来てから巻き戻そうとしたら同じコマしかなくて巻き戻せなかった!っという事態になりますので、離席前は注意しましょう。(経験者談)



2. 攻略サイトをフル活用する


次にプレイしやすいよう攻略サイトをみていきます。ストーリーを進めるだけなら攻略サイト不要なゲームも多いですが、こちらのゲームは攻略サイトを活用しないと「さくさくプレイ」は絶対に実現できないので見ることをお勧めします。

ちなみに今回私がおすすめする攻略サイトはこちら → 真・女神転生@wiki
ここの上側にあるメニュー(基礎知識~その他まで)を駆使してクリアを目指します。


 攻略マップを活用する



初代メガテンは、スーファミでは珍しい3Dダンジョンを採用しています。

megaten1

ダンジョン内部はこんな感じになっており、左上にフロアと方角があるのでそれを頼りに3Dマップを前後左右に進んでいく形になります。ワールドマップ以外は全てこの形式で進むことになります。

この3Dマップシステム。私のような方今音痴には正直きつい!!

どこを見ても同じ壁、同じ道、同じ入り口しかないため、ふとした瞬間に脳内マップが混乱するとすぐに自分がどこにいるのか見失ってしまいます。

オートマッピング機能はありますが、マップを見るのに一々メニューを開く→COMPメニューを開く→オートマッピングを選ぶ→ようやくマップが表示される。という具合なので、さくさく進めたい場合は結構ストレス溜まります。常時画面に出てたらまた違うんですけどねぇ。

なので攻略サイトの「マップ」を開き、見たい地域のマップ確認をしながら進めていきます。名前の前に ● がついてるところはワールドマップ、それ以外はそのワールドにあるダンジョンのマップが見れます。

後半に行くにつれマップの把握が大変になるだけでなく、たまに目隠しマップも用意されています。(前後左右完全に何も見えない状態)こういった場合もマップをみながら1マスずつ進むと突破できますので、照らし合わせながら落ち着いて進めていきましょう。


 魔法の内容と状態異常の確認をする



メガテンを初めて遊ぶ場合、おそらく魔法に手こずることになるかと思います。理由は名前を見てもいまいち効果がピンとこないから。FFみたいに「ファイア」だから火だな!みたいなわかりやすい名前じゃないんですよね。

初歩魔法である「アギ」「ブフ」「ジオ」という字面を見ても最初なんの魔法なのかまったく想像がつきませんでした。「パトラ」「ペドラ」「リカーム」??…回復をしようにもどれが何に効くのかもさっぱりわかりません。魔法の説明文は一切ないため、使ってみるまで攻撃なのか回復なのかさえわからないんですよね。

なので攻略する際はマップを開くと同時に「基礎知識」のステイタス異常ページ、それと「魔法・特技」の魔法ページを開いておきます。魔法を使う際は魔法ページで効果をみながら使うと失敗が少ないです。状態異常などを回復する際もステイタス異常ページを見れば、どの魔法が効果あるのかが一発で分かるため大変便利です。



3.ゲーム内の便利機能を駆使する


ここまでSwithcの機能と攻略サイトを駆使してきましたが、一応ゲーム内システムでも少しだけ楽することができますのでみていきましょう。


 AUTO機能をうまく使う



さくっとクリアしたい場合わりと面倒になってくるのが戦闘です。特にこのゲームはエンカウント率が高い気がするので尚更。そんなときに大活躍してくれるのがAUTO機能です!文字通りオートで戦闘してくれます。

戦闘の初っ端からAUTOを選んだ場合は「SWORD」と「ATTACK」が選択されます。それではちょっと困るなって場合は1ターンだけ手動入力し、2ターン目からAUTOを選べばOKです。AUTOは直前のターンで入力していたコマンドが反映されるため、「GUN」「SWORD」「EXTRA」などの攻撃を自動化することも可能です。

レベル上げのために戦闘はしたいけど、コマンド入力は面倒…。雑魚的に手間かけたくない…。という場合は全部AUTOにしてしまいましょう。最悪うっかり死んでしまっても巻き戻し機能でなんとでもなります。片手間に戦闘が進むのでほんと便利。






ゲームを進行するに当たり注意点があるとすれば、仲間にした悪魔のレベルは変動しない(レベルアップしない)ため、どんどん勧誘して仲間デビルのレベルを底上げする必要があること。あとはMPは回復施設以外ではまず回復できないため、MP枯渇に注意する点です。

悪魔については仲間にする以外に「合成」でワンランク上の悪魔を作り出してもいいですね。MPについては正確にはアイテムで回復はできます。ただそのアイテムが買えるのが後半ということ。さらに回復量が少ないため多用するのはあまり現実的ではないためです。魔法キャラのMPが枯渇しそうになったら素直に回復施設にお世話になりましょう。





以上!!とりあえずSwithc Online についてる便利機能と攻略サイト、AUTO機能を駆使すればわりと楽にクリアすることができます。まあそれでも結構時間かかりましたが…。

ちなみに私はNEUTRALルートでクリア。クリア時のレベルと装備、仲間は下記の通りです。

2020082604551500-80F923768D742848D9C9A08632967120
・主人公

2020082604552700-80F923768D742848D9C9A08632967120
・ヒロイン

2020082604553600-80F923768D742848D9C9A08632967120
仲間たち

後半のボス戦はクーフー・リンでひたすらタルカジャを唱え、ラクシュミでメディアラハンをかけ、あとは全員で殴るという暴力で全てを解決する方式をとってました。だってなんか魔法の効き悪いんだもん…。物理で殴った方がはえーわあれ!


「ジャックフロストがでてるゲーム!」程度のメガテン知識しかなかった私でしたが、なかなかストーリーやシステムが興味深く、プレイしてみた感想は不便はあれどかなり作りこまれてるゲームだなという印象でした。その後シリーズ化してしまったのもうなずけます。

あとなんで「真」女神転生なんだろうってずっと思ってたんですが、ファミコンソフト「デビル物語」「デビル物語2」の設定を見直して一から作り直された作品だったからなんですね!長年地味に疑問に思っていたのでなんとなくスッキリしました!

この記事を読んでちょっとでも「初代メガテン遊んでみようかな…」と思った方は、Nintendo Switch Online に加入すれば無料で遊べますので是非とも遊んでみてくださいませ。メガテン以外にも昔のゲームがいっぱい遊べて楽しいですよ。