sub1


EpicGamesで「Subnautica」が期間限定で無料配布されていたので
こいつは手に入れるしかねえな!と早速DLして遊んでました。
無料に弱い女、ねこうさぎです。

さて、DLしてきたSubnautica(サブノーティカ)
何ゲーかというと「深海ホラーサバイバルゲーム」でオープンワールドです。
公式で日本語対応もしているので英語Noobでも安心。
しかもしっかり翻訳してくれてるので違和感なく遊べます。



トレイラームービーだけみてると「ホラー…?」ってなるんですが
実際に遊んでみるとなかなか怖い。
何が怖いって深海の海が怖すぎる。
言葉では言い表しにくいんですが…とにかく深海の海が怖い。
私はスピーカーで音だしてましたがヘッドフォンだと更に怖いんじゃないでしょうか。

先日クリアしたのでこの日記を書いてるわけですが、クリアした感想としては
良ゲーでボリュームも丁度いいし遊びごたえあり!です。
こんな出来のいいゲーム無料で配布してていいの?と思いつつ遊んました。

もしDLだけしてまだプレイしてない方は是非手を出してみてほしいです。


ゲーム内容について

サバイバルゲームなため、基本は衣食住を確保しつつ探検するゲームです。

乗っていた宇宙船が墜落し、脱出ポットを出たところからストーリーが始まります。
基本は「空腹」と「喉の渇き」に気を付けつつ
潜ってる間は「酸素」ゲージにも気を付けながら冒険する形になります。

酸素がなくなると当然死にますし
お腹がすいたり喉が渇いても当然死にます。
途中から設備によりこのあたりの難易度はかなり緩和されますが
「空腹」「水分」「酸素」ゲージには最後まで気を配ることになります。
体力もちゃんとあるので攻撃された場合は回復も必要です。

sub2

ちなみにゲーム画面はこんな感じ。
左下に酸素ゲージと体力、空腹、水分ゲージがあり
水中にもぐった場合は一番上の深度メーターが変化します。
持ち歩いてるアイテムは下部のショートカットに5つまで登録可能です。

主人公をサポートしてるAIが優秀なため
酸素がなくなりそうになると知らせてくれます。
ちょくちょくこのAIが喋りかけてくるため一人の冒険もなんとなく寂しくありません。

sub3

主人公たちはわりと高度な文明を築いているようで
上記の「ファブリケーター」という装置で食料だけでなく
拾ってきた素材の加工や装備が作れます。
序盤はとにかく海でものを拾ってファブリケーターで物に加工する形になります。

sub4

インベントリはこんな感じ。
重量制限はありませんがマス目以上に物が持てない仕様です。
このゲームかなり素材が必要となるため
ロッカーなどを作ってそこに素材を貯めては使っていく形になります。
最初はロッカーを置けないため、防水ロッカーを浮かべて凌ぎましょう!

上の方にメニューが6つありますが
ただ冒険するだけなら一番左のインベントリと
スパナマークの設計図の確認さえできればOKです。

一番右はデータバンクとなっており、手に入れたものや
途中から手に入るスキャナーでスキャンした物のデータを閲覧できます。

sub7

細かいストーリーなどについてはこのデータバンクが重要となってくるので
細部まで楽しみたい人は是非データバンクも覗いてみてください。


水平だけでなく垂直に広がるワールドマップの楽しさ

通常ワールドマップって横移動だけだと思うんですが
このゲームは水中ゲームのため縦移動もできます。
地面がないので目に見える360度全ての場所へ移動でき縛りがないため
あれこれ探検が好きな人にとってはなかなか楽しいゲームです。

ただ酸素ゲージがあるため、いつまでの深くは潜っていられないし
空腹と水分ゲージもあるため、準備なしにいつまでも遠くへ泳いでいられません。
この絶妙な「縛り」がこのゲームを面白くしているところだと思います。

水平方向だけでなく、自分の足元深くにも別世界が広がっているのがまたおもしろい。

sub5

色んなところを探索していると
オーロラ号から脱出した他の乗組員の痕跡を見つけることができたり

sub8

墜落したオーロラ号の残骸を見つける事ができたりと
色々と新しい発見があってほんとうにたのしいです。


建築要素も一応あります

トレイラームービーにもありますが建築要素もあります。

sub9

ビルダーを作れたら、狭い脱出ポットを離脱し好きなところに家を建てましょう。
最初は通路くらいしか置けないですが(広い部屋は設計図を見つける必要がある)
通路でもファブリケーターや通信機、充電器をおけますし
ようやくロッカーなどもおけるようになるため家としての機能は十分果たします。

最初の建築で注意したいのは脱出ポットとは違い電力システムが備わっていないため
自分でソーラーパネルを設置して電力供給する必要があることくらいですかね。
あと建築しすぎると建物の耐久が減っていくので
適度に補強パネルを壁にくっつけて強度を上げておきましょう。

ちなみにこのゲームの建築システムはかなり便利に作られてます。
なんと建築物を解体しても全ての素材が返ってくるんですよ!
大半のゲームの建築物は壊すと消えるかよくても材料の一部が返ってくる程度ですが
Subnauticaは使用した材料全部が返ってくるため
「置く位置を直したい」「配置を微調節したい」などが気軽にできます。

制作も手元に材料さえあればビルダーがサクッと作ってくれるので
土台を作って、次に壁を作って...みたいな面倒ごともないです。
通路なら通路、多目的室なら多目的室を最初からどーんっと作ってくれます。

かわりに建築の自由度みたいなものは他ゲーに比べて少なめです。
というのも基本「通路」か「決まった大きさの部屋」しかなく
部屋と部屋の行き来は必ず通路を通ってになるため
大きな部屋を作っていろいろ置く、みたいなことはできません。
建築物も自分で1から作るわけではなくプリセットを設置する形になるので
部屋や通路の広さを変えたり、高さを変えるといったこともできないです。

ただまあシングルプレイのゲームですので
建築に関してはちょうどいい難易度と自由性だと思います。
マルチプレイだと部屋大きくしたり色々工夫したくなるんですけどね!
ソロだし、建築難易度、素材数ともに丁度いい感じだと思いました。


乗り物もあるよ!

冒険を手広くするには当然どんどん遠くへ、どんどん深くへ行く必要があります。
ただ生身では持てるアイテムにも限りがあるし
酸素の制限もあるしであまり深く潜れません。

というわけで当然その辺りを手助けする乗り物が作れます!

sub11

最初は小型の潜水艦である「シーモス」

sub12

次に深海を歩行しながら採取できる「プラウンスーツ」

sub10

最後に大型潜水艦「サイクロプス」が作れるようになります。

シーモスに乗れるようになるとぐんと探索範囲が広がるのでいっきに楽しくなります。
なにせ乗り物にのってる間は酸素が回復するため
乗り物で移動→乗り物降りて探索→酸素が切れそうになったら乗り物へ戻る
ということを繰り返していれば海面まで戻らなくてもなんとかなるからです。
また、どの乗り物にもストレージがついているため
遠出する際は飲み物や食料をいれておけば空腹などもしばらくなんとかなります。

ただ乗り物は無限で使えるわけではなく、電力で動いているため
電力が切れそうになったら拠点へ帰って充電するかバッテリーを変える必要があります。
といってもバッテリー切れは相当遠くへ行かないと起きないと思いますけどね。

あと敵に攻撃されたら耐久値がへっていくため
耐久がへったらリペアツールで修理してあげる必要があります。
耐久深度もあるため、性能のアップデートするまでは注意が必要です。

しかしこれらの制約を遥かにしのぐメリットと機動性があるため
シーモス作成以降はほとんど乗り物で移動する形になるんじゃないでしょうか。
初期のプラウンスーツは地味に使いにくいですが
ワイヤーアームが使えるようになると移動範囲がぐっと広がります。

やっておくと楽になること

プレイするにあたり、「これは絶対やっておいたほうがいい!」ことと
ちょっとした豆知識を以下にメモしておきます。
これから冒険する人、詰まってる人などは参考にしてください。

・ビーコンはかなり有能なので設置しておきましょう。
 発見した施設や海底への入口などをマークしておくと後々の冒険が楽になります。
・ろ過装置があると水分補給が格段に楽になるので早めに設置しよう
・ろ過装置がかなり電力を食べるため、原子力発電機もおくこと。
 原子炉の設計図が手に入るまではバイオリアクターで代用可なので
 アシッドマッシュルームかピーパーを放り込んでおきましょう。
・水のろ過待ちやバッテリーの充電待ちなど
 時間だけ経過させたい場合は椅子に座るといいです。
 椅子に座ってる間は食料と水分ゲージが減らず時間だけ経過します。
・夜探検にいくのが嫌いな人はベッドを設置しましょう。寝れば朝になります。
・大型水槽は飾りではなく実はかなり実用的なので設置すること。
 同じ魚を2匹いれておくと勝手に増殖してくれるため
 レジナルドを2匹入れておけば食料問題が簡単に解消されます。
・サイクロプスのソナーは有能なのでつけておくといいです。
 ただ電力消費が激しいので、あわせて熱発電機をつけるのと
 小まめにオンオフすると電力が長持ちします。
・ステイシスライフルは逃げにも攻めにもかなり便利なので作りましょう。
・パワーセル充電器がなく、サイクロプスのパワーセルがなくなりそうな場合
 新たにパワーセルを作って交換しなくても
 シーモスかスーツのパワーセルと交換してプールにいれておけばフル充電できます。
 ただ0%の場合は動かないので、0%をチャージしたい場合は
 スーツの片方に0%をいれ、もう片方は1%以上のパワーセルを入れればOK。
 

ストーリーについて(ネタバレ有)

こういうサバイバル系のゲームはストーリー部分が弱い、またはわかりにくいんですが
Subnauticaはわりとわかりやすいストーリーをしております。
ストーリーについては通信機から届く通信と
海中で拾えるPDAやスキャンしたデータの情報で輪郭が見えてきます。

それらの情報を全てつなぎ合わせると
Subnauticaのストーリーについては
大まかに以下のような流れと内容になっています。

◆◆◆

本作の舞台である惑星、海洋惑星(惑星4546B)へ
任務ついでに立ち寄ろうとしたところ
乗っていた宇宙船オーロラ号が謎の原因で墜落。

※本来のオーロラ号の目的は、遠く離れた恒星系にたどり着き
 そこで新しいフェーズゲートを作る、というもの。
 移動先のインフラが整っていないため
 オーロラ号には熱発電やら核発電やらいろいろ詰まれていた。
 この惑星へ寄ったのは後述するサブ任務のため。

脱出ポットが落ちた先は海の中。
周りを見渡す限り海と墜落したオーロラ号のみ。

とにかく生き残る為、その辺の魚を食べたり水を作ったり
落ちたオーロラ号の残骸を集めて色々建築したり
何かないかとあちこちを探索する主人公。

ある時ふと、自分の体が謎の病原菌に侵されていることに気づく。
PDAで自分をスキャンしてみると「感染検知」の文字…。

自分たちの宇宙船の落ちた原因も判明。
この惑星には過去に高い文明をもった異星人が住んでおり
異星人が作ったシステムにより島の一角にある砲台が起動し
着陸しようとしていた自分たちの船も撃ち落とすことがわかる。

このシステムのせいで惑星に着陸しようとする船は撃ち落とされるため
救難信号を受け主人公たちを助けに来た宇宙船も撃墜されてしまう。
また、感染している細菌を外に出さないためためにも
このシステムは惑星から出ようとする宇宙船も撃ち落とすようになっている。

防衛システムの操作は細菌に侵されていない健康体でないと不可能。
そしてこの病気は治さないと死に至るということも判明。
(トレイラームービーで男性が咳をしているがこれは病気の1段階目である)
過去この惑星に住んでいた生命はほぼ全てこの細菌のせいで滅んでおり
現在生き残っている生物も細菌に感染している状態である。

どうしたものかと考えていたところ
オーロラ号が墜落したことを知ったアルテリア本部より
「迎えに行くのが無理なため、なんとか途中地点まで自力で来てほしい。」
「そのための宇宙船の設計図を墜落したオーロラ号へ送った」
という旨の通信が主人公の元へ届く。

かくしてこの惑星を脱出するため
主人公はまずは自分の病気を治し、砲台システムを停止させてから
宇宙船でこの惑星の脱出を試みることとなるのであった...。

◆◆◆

というのが全体を通したSubnautica のお話です。
病気に侵されていることは自分のPDAが知らせてくれてますが
それが死に至るとわかるのはだいぶ先で拾えるPDA情報になります。
最終的に主人公は2段階目まで症状が進んでいたことが分かります。

本来の任務は別にあったオーロラ号ですが
この惑星に立ち寄った理由は
10年前この付近で行方不明になったデガシ号の乗組員捜索のため。
そのためオーロラ号には全地形用の乗り物が追加で積まれていました。

デガシ号の乗組員は全員死んでいることが後ほどPDAの情報で判明しますが
トレイラームービーで咳してる男性はこのデガシ号の乗組員であるバートだと思われます。
彼らの建築物が廃れた後宇宙船が墜落する描写があるため
これが本作の主人公が乗っているオーロラ号なんじゃないでしょうかね。

デガシ号の乗組員は他にバードの父であるポールと
護衛で雇われていたマルグリットがいましたが
マルグリットはリヴァイアサン生命体に殺され
ポールもリヴァイアサンに襲われた際に負った傷が原因で死亡したと思われます。
バートのPDAに「マルグリットと父さんは惑星の生態系の一部になった」とあるため
バードはその後もしばらく生き残ったものの
「病気はおれを離さない」とあるためその後病気でなくなったようです。


この謎の細菌の治癒法はなんだったのか?

結局異星人も治癒しえなかった外来細菌から引き起こされる病気。
最終的に主人公は治癒してロケットで脱出しますが
その治癒方法は「シーエンペラーの作るエンザイム42を摂取する」ことでした。

異星人もシーエンペラーの研究をしていたようですが
捕まえたシーエンペラーはすでに年老いており十分なエンザイム42が作れず
子供の孵化にも失敗したためそのまま滅びたようです。

ただ年老いているものの、感染症状を抑制する酵素は生産することはできていました。
ほぼすべての生命体が細菌で死滅した中、一部の生命体が生き残っている理由は
ピーパーがシーエンペラーより酵素を取得し、それを海にばらまいていたから。
このゲーム最弱MOBであるピーパーが
実はこの星の生態系を維持している鍵だったのはなかなか衝撃的でしたね!

ピーパーが排水管のようなところからどこかへ吸い込まれていく姿は

sub13

施設へ行く前に実は上記の箇所で確認できるのですが
それがどこへつながっているかまではまったく予想できませんでした。

他にも最初の脅威であるリーパーリヴァイアサンがシードラゴンに捕食されてたり
ゴーストリヴァイアサンがどこから生まれるのかやワーパーの正体についてなど
PDAに色々とサイドストーリーや生態系について書かれているため
設定を細かく見ていくと色々と興味深いことが書いてあり非常におもしろいです。
そしてシーエンペラーの最後がとても切なかった...。ママァー!

何気にエンペラーとドラゴンって下半身が同じなので
祖先は同じだったのかが地味に気になるんですがそういう記述はないんですよねぇ。
まあ海底を泳ぐのに一番適した足の形があれだったんでしょう。

シードラゴンがシーキング、シーエンペラーがシークイーンとかって名前だったら
また色々と設定が広がっていたのかもしれませんが
あの世界は個体に雄雌存在せず、全生物が単体で繁殖できるらしいので
今考えると世界観的に無理ですね!この設定。


全体を通して

サバイバル難易度・ボリュームともにソロでやるには丁度よかったです。

重要な設計図が手に入らないとなかなか先に進むことができず
設計図が落ちてる場所のヒントもないためそこだけがネックですが
あちこち探索してるとそれらもあまり気にならないです。

また、攻略のヒントはだいたいPDAに書いてくれているため
難航するとしたら設計図探しと施設探しくらいですかね。
なにせマップがないですからね。
ガチで手探りで探すしかないのです。

ちなみに総プレイ時間は1日と18時間でした。
普通にプレイしてたら半分以上はPDA情報埋まりますので
大体のストーリーや設定についてはわかるようにできてると思います。
自力で見つけるのが難しいのはオレンジアーティファクトを差し込む場所くらい?

暗すぎて地形がわからない場合はとりあえずサイクロプスでソナー働かせておけば
見つけにくい洞窟とか地底への入口とかも見つかるので
後半行き詰った人はとりあえずソナーつけて探検すると新しい発見があるかもです。

ソロでのんびりサバイバル楽しみたい方には超オススメです!

なにやら続編も作っているようなので
リリースされたら絶対遊びたいなと思っております。
ちらっとプレイ動画みた感じ次回作は雪マップ?のようです。
Subnauticaと同じ流れなら最初はアーリーアクセスからでしょうが
正式な発売が待ち遠しいですね。