ark97


ストーリーに関する記事一覧はこちら → ストーリーのまとめ記事(リンク集)

主人公のヘレナの次は、準主人公ともいえるエドモンド・ロックウェルのストーリーをみていきたいと思います。ロックウェルはアイランド→スコーチドアースからの続投となり、ヘレナと共にアベレーションの世界へ飛ばされてきました。過去ストーリーをまだ読んでいない方はそちらから読むのをお勧めします。

ロックウェルの調査書は合計30枚となります。最後の3枚は文字なし、画像のみという特殊なものとなってます。読みやすいよう、あくまで私なりにまとめたストーリー内容となりますのでその点よろしくお願いします。原本が気になる方は是非エクスプローラーノートを集めて見てみてくださいませ。

あと今回のノートより、いつも最後らへんに載せてた「まとめ」の記載をやめようかと思います!綺麗に短くまとめることができず、まとめとは…?という状態だったので…。ここまでくる方は大体本編全部読んでるでしょうしなくすことにしました。もし実は読んでたのに...って人いたら教えてください。

それではいってみましょう!

アベレーション編 エドモンド・ロックウェルのストーリー

(※ )部分はストーリーが分かりやすいよう入れている注釈です。
ストーリーに関する重要部分やゲームのメタ的な部分については太字にしています。

以前のノートでは「エドモニウム」と表記されていましたが、今回のノートでは「エドモンジウム」に公式の表記が変わっています。どちらが正しいのか不明なためノート通りに記載します。


#01

ミス・ウォーカーからの予期せぬ援護があったとはいえ、星明りの祭壇にある機械をまだ完全に制御できないでいる。ARK自体は間違っていないが、どの場所に現れるかを細かく制御できなかった。残念ながら、祭壇で見た場所や溶融エドモンジウムは私の手の届く範囲にはないということだ!クソ!

実際に調べたわけではないので、あの溶融物質がエドモンジウムだと断言はできないが、そうである可能性は高い。人工的に溶融しようと試みたときのサンプルとそっくりだった。

想像してほしい!人類が知る限り最高の物質で構成される洞窟を!何て素晴らしいんだ…

#02

溶けたエドモンジウムの研究は進んでいないが、この地下の森については色々とわかってきた。比喩的にも逐語的にもだ。この洞窟の生物の多くは発光する。だから好奇心から、ここでよくみられる光る虫※グロウバグのこと)を数匹解剖してみた。

私はさらに研究を進めた後、彼らの尾部で見つかった発光性の液体に、生体電気に似た物質が蓄積されるのだと結論づけた。その発生機序はわかっていないが、蓄積できなかったものは、すぐに失われてしまうようである。

興味深い。実に興味深い!発生源として可能性のあるものは?ここには森のエネルギー源である太陽光がない。ということは土から来ているのか?

#03

ark139
そうだ、そういうことか!エドモンジウムが原因だ!この洞窟の中に溶けたエドモンジウムのプールがいくつもあれば、エドモンジウムは時間と共に土に染み込んでいくはずだ。

そうなればその近くの動植物がエドモンジウムの不思議な力の影響を受けることになる。それがこの森の発光生物にみられる電気の直接的な発生源でなかったとしても、数世代に渡って刺激を受けたことで変異し、内部発電能力を獲得した可能性もある。

実に刺激的だ!私は今、数世代に渡ってエドモンジウムの力を吸収し続けてきた全生態系の中心に立っているのかもしれない。しかもこの秘密を知っているのは私だけだ。素晴らしい!

#04

ark140
ミス・ウォーカーを無理やりにでも連れてきて良かったと思っている。彼女の科学的知性は私の足下にも及ばないが、ライフルの腕は立派だ。それもそのはず、彼女も結局植民地の住民なのだ。女性らしい暮らしなどしてこなかった。それにしてもあの口の汚さには驚いた。本当に恐ろしい!

彼女の過去や品のなさはさておき、現在の彼女の存在に感謝したい。ここにいる捕食者たちを軽視することはできない。私も若い頃は、奴らを従えることができた。羽根を掴み背面に畳み、地面にひれ伏させる。私は奴らにとって恐るべき存在だった!ああ、若さとは素晴らしいものだ…

#05

ark141
ミス・ウォーカーはまだ我慢できる。でもこの野蛮人を受け入れろと言われても無理だ!その生活様式すらわからないのに、彼女がどうやってここに辿り着いたかなんて理解できるはずがない!彼女のような原始人に、星明りの祭壇の機械を動かせるはずがない。だが彼女は今ここにいる。

一番問題なのは、彼女がエドモンジウムの防具一式を身につけているということだ!まさに私が求めているものだ。それを野蛮な若い女剣士がすでに手に入れているとは!理不尽すぎる!このような美しい科学の産物は、血に染まった手で汚されるべきではない。

駄目だ、ロックウェル。冷静になるんだ。敵意に気付かれたら、きっと彼女にその場で殺されてしまう。そうだ、今はじっくりと時間を掛けて何ができるかを探るんだ。誰がこの防具を作ったにせよ、とにかくその人物を見つける必要がある。

#06

驚いた!あの並外れた鎧は氷山の一角にすぎなかった。あの野蛮な女が彼女の新たなボスたちの家に案内してくれた。その場所は驚くべき新たなテクノロジーで溢れていた。ほとんどがエドモンジウムの力に依存している。彼らが何気なくこのような技術を使っているのを見ると、この不思議な金属の可能性や深みの全てを掴んでいるわけではなさそうだ。

そうだ、ロックウェル、ミス・ウォーカーとその野蛮な仲間たちを容認してきた甲斐があった。私は“未来の男たち”が何を知っているかを探り、歩をさらに先に進めようと思う。

#07

ark142
村にはエドモンジウムが大量にある。私の少量のサンプルなど比べものにならないほどだ。これだけ大量にあると研究中にその歌声が聞こえてきそうだ。エドモンジウムが発生するエネルギーのリズムは、涙を流さずにはいられないほど魅惑的だ。

村人たちはそれを“エレメント”と呼んでいる。馬鹿げている!エレメントでないものなどない(※エレメント=要素・成分という意味で何かを指す固有名詞ではない)。彼らはそう名付けたことを忘れたのだろうか?

以前にメモに残したように、ここでは“チャージ”は珍しいものではないが、それに関する彼らの知見を手に入れることができた。エドモンジウムが洞窟に染み込むことで発生すると考えていたが、彼らの調査を見るかぎり、その考えは正しかったようだ。研究する価値がある。

#08

村人たちから詳細な情報を手に入れるのは、石から血を抜き取るようなものだ(※何もない場所から絞り出すことはできないの意)!赤髪のダイアナという女は人当たりが良く、私の質問にも答えてくれる。だが彼女は科学者じゃない。でなければあんな純粋ではいられない。

未来人たちを説得して研究チームに加えさせてもらうしかない。そこでなら信用を得られるはずだ。残念ながら、彼らは科学の力には懐疑的なようだ。

はは!ふざけている!彼らがどの時代から来たかなんて関係ない。私はサー・エドモンド・ロックウェルだ!私は1000年に一度の頭脳の持ち主だ。私と一緒にいられることを光栄に思うべきだ。

#09

ark143
何て奴らだ!優秀な同僚に対して、あのような不遜な態度を取る人間は初めて見た!

ようやくダイアナを説得して村の研究と実験に参加できるようになった。だが私は無能扱いされている。この科学者という連中はなぜ私を見下すのだろうか?私を馬鹿にしているのだろうか?間抜けな連中ばかりだ!

まあいい、彼らは必要ない。とにかくこれで施設に入り、物資も利用できるようになった。彼らの助けがなくてもチャージとエドモンジウムの研究はできる。すぐに私の知識は彼らの頭脳を上回ることになるだろう。そうすれば彼らもどちらが原始人か理解できるはずだ。

#10

ark144
クソ!なぜこうも先へ進めないんだ?はるかに知性が劣るあの科学者たちは成果を挙げ続けているのに、私はもがき苦しんでいる。

全ては経験の差なのだと思う。彼らは自分たちの道具の扱いにより慣れているし、より多くの情報を持っている。私がその立場なら、あのばかげたプロジェクトも数ヶ月前には終わらせていただろう!

このハンデを埋めるためにはより努力をする必要がある。寝食も研究室でしよう。彼らが、サー・エドモンド・ロックウェルの名を崇めるまでは、何者にも邪魔はさせない。

#11

ついに成功だ!”チャージ”を電気に変換することに成功した。その電気から充電式バッテリーとランタンを開発した。私にとってはこれくらい朝飯前だ。あの科学者もどき連中が未だにできないのには呆れる。

私の新たな発明を彼らに見せたときの驚きの表情は予想通りだった。彼らはチャージとエドモンジウムが秘める可能性のほんの一部も理解していない。彼らの知識量を私が上回るのも時間の問題だ。

この研究成果の全てを共有してもらえると思っているなら、それは誤りだ。サー・エドモンド・ロックウェルの天才を疑う者に与えられるものなど何もない!

#12

あのポンコツの科学者たちが一生懸命取り組んでいる大プロジェクトを見せてほしいとダイアナを説得した。呆れてしまった。このゲートウェイ・プロジェクトというのは、各オベリスクの転送の祭壇を真似た粗雑なものにすぎない。それなのに、全員が大きな期待を寄せている。

愚か者どもめ。不可能に手が届きそうなこの場所をなぜああも離れたがる?ここが刑務所であるかのように“脱出”という言葉を口にする。ここは比類なき可能性を秘めた土地であるというのに。

#13

ark145
ダイアナが話のわかる人物でよかった。彼女は自分のことを私の世話係と考えているようだ。そのためか、私の気まぐれに随分と付き合ってくれている。私は穏やかで好奇心の強い老人を演じるだけでいい。そうすれば思いどおりに彼女を動かすことができる。

もうすぐ洞窟の深部まで連れていくように説得できそうだ。そこには溶けたエドモンジウムが大量に溢れているらしい。そもそも私がここに来たのはそのためだ、深部に行けば貴重な情報を得られるはずだ。もう一押しで何とかなるはずだ…

#14

充電式ランタンの試作品を小型化して効率を上げることで、村の評議会も私の意見を無視できなくなった。これでようやく探索隊に同行して洞窟の深部まで行くことができる!少なくとも、最も純粋で最も自然な形のエドモンジウムを観察できるはずだ!

素晴らしい!興奮を抑えるのが大変だ。だが今はとにかく落ち着かなければならない。このところあの野蛮人にずっとにらまれている。とういうことは、私の動きを全部見られる可能性がある。それにダイアナは私と話すことを禁止されているようだ。

幸運なことに、ミス・ウォーカーの下らない仕事があるために彼女もこちらだけに構っているわけにはいかない。だがそれでも注意は必要だ。あの未開人のことだ、いきなり暴れかねない。絶対に怒らせては駄目だ。

#15

ありがたいことに、あの悪意のある目からしばらく逃れることができそうだ。ミス・ウォーカーは自分のペットの野蛮人をオベリスクに使い走りに出している。ゴミがいなくなって清々するとはこのことだ!

ミス・ウォーカーの作業の詳細は調べていないが、どうやら彼女にとってオベリスクは優先すべきものらしい。重要なのはエドモンジウムだ、ミス・ウォーカーと野蛮な召使が探検したがっているならそうすればいい。私はその間に洞窟の心臓部まで潜り、本格的な科学的実験を行って研究を進める。大きな前進になるはずだ。

#16

このゴワゴワしたダサいスーツ(※TEK装備のこと)が好きとはとても言えない。しかしエドモンジウムの洞窟を探検するなら必須の防護アイテムだとダイアナは言う。だから受け入れるしかない。つまり、考えごとをするときに髭を撫でられなくなるということだ…

まあ、いいだろう。前回の遠征で化物に襲撃されたことなどを含めて、他の科学者たちの間には緊張が高まっている。臆病な連中だ!科学にリスクが付き物であるように、今回もそのリスクに見合った対価が最後には得られるはずだ。

#17

私は世界中を旅しながら、無数の科学的発見をしてきた。しかし、これほど美しい光景を見るのは初めてだ。無垢のエドモンジウムが奏でる音ほど魅惑的なものはない。

許されるならば、一日中それを眺めていたい。しかし、急がねばならない。私が知っていることに他の人間が気付く前に。エドモンジウムが人類の新たな夜明けとなる可能性を秘めていることに。私には見える、感じられる!その秘密を暴くのは私だ。私とこの壮大な金属は運命共同体だ。

より多くのデータを集めるのだ、ロックウェル!データが必要だ!もう少しだ!

#18

私はやったぞ!彼らは無理だと思っていたようだが、それが誤りであることを再び証明してやった。

ついに、無垢で純粋な溶融エドモンジウムのサンプルを入手した!細心の注意を払って扱わねばならない。サンプルから作れる格納ポッドはたったの2つだ。もう一度サンプルを集めに洞窟に赴くことをもう認められないかもしれない。失敗は許されない。何があっても。

私は原始的な道具と愚かな助手に囲まれながらも数々の奇跡を起こしてきた。サー・エドモンド・ロックウェルには、この程度のサンプルで十分だ!

#19

ようやく村の研究所に戻って確認することができた。溶融した天然のエドモンジウムは、不純物の混ざった固形のものより遥かに大きな力を秘めている。

もちろん、それを知っているのは私だけだ。ここにいる科学者を自称する頭の固い間抜けな連中は、エドモンジウムに近付こうともしない。奴らはこの物質が体に害をおよぼすと考えている。馬鹿馬鹿しい!エドモンジウムが私を傷付けることは絶対にない。エドモンジウムには暖かみがある。私を呼んでいるのだ。そこにあるのは危うさではなく、無限の可能性だ。

どいつもこいつもあまりにも視野が狭すぎる。不純なエドモンジウムでも素晴らしい防具を作ることはできる、だがそれは本来の力の一部でしかない。奴らもすぐにそれがわかるはずだ。

#20

戻ってきてきてからは村人たちに邪魔されてばかりいた。そのおかげで仕事が進まなかった。ダイアナはことあるごとに私の様子を“調べ”にきた。彼女は“心配”だからと言っていたが、彼女が嘘を言っていることはわかっていた。全員嘘つきだ。彼らは私の知能のおこぼれに預かりたいだけなのだ。

サイドプロジェクトで彼らの気を逸らすことができたのは幸運だった。私はそれを植物種Z(※プラントZのこと)と名付けた。さまざまな植物でチャージの影響を調べていたところ、反応して発行する新たな種を発見したのだ。彼らはこれが私の研究のメインだと信じていた。だから私は喜んでそのサンプルを無能な彼らに渡した。

必要としている平穏を得られるのなら安い買い物だ。こうしてようやく予定どおり、私とエドモンジウムだけになることができた。

#21

これからは限られたサンプルを気にしながら実験をしなくてもよくなった。さすが私だ。その解決策はずっと目の前に転がっていた。必要なのは、村が供給する固体のエドモンジウムを液体に変換し、不純物を取り除くことだ。

言うのは易しだが、私はサー・エドモンド・ロックウェルだ!私にとってはどんな問題も単純で容易いものだ。私のゴールを馬鹿にできるものなどいない。私が高みに行くのを止められるものなどいない。これがエドモンジウムの真の力だ。今なら分かる。生き物を変えられるかもしれない。いや、進化と呼ぼう。

そのためには、実験だ。実験台だ。実験台が必要だ…

#22

ark147
素晴らしい!実に素晴らしい!想像以上に実験はうまくいった!

最初の試験体には、村人たちがペットとして飼っていた小さな光る生物(※シャインホーンのこと)を使用した。臆病で繊細な生物だったが、高純度の溶融エドモンジウムを静脈に注入すると、予想通り変化を見せ始めた!ものの数分で、巨大化し、強大な恐ろしい獣へと変化を遂げたのだ!しかし、より近くで観察しようと思った時、おせっかいなダイアナに止められてしまった。

本当に非常だ。あの無防備な生物がようやく日の目を見ようとしていたというのに、彼女が台無しにした!殺人者は私ではなくあの女だ!いつの日か罰が与えられるだろう。

#23

ark148
私を指導するつもりか?この私を?馬鹿な!彼らは未来からやってきたと主張している。それなのに進歩をすることを恐れているのだ!科学の奇跡を見せてやったのに、彼らは私に対して子供を叱りつけるような態度を取るばかりだ。

クソ、全員クソ野郎だ!このままだと新たな試料は永遠に手に入らない!試料なしでどうやって実験を続ければいいんだ?下らない道徳観を大切にしているようだが、私は違う。これだけ近くにいればなおさらだ。私は確信している、エドモンジウムには種の能力を引き出す力がある。私はそのプロセスを完成させなければならない。

試料がなくても何とかしてみせる。必ずな!

#24

ark149
これ以上試験体を収集することはできないが、他にリソースがないわけじゃない。生物を実験台にするのではなく、研究を一歩先に進めようと思い、人間(私自身)の血とエドモンジウムの融合に関する研究を始めた。

今のところ、いい結果が得られそうだ。つまり、私のやり方は間違っていないということだ。あの生き物にエドモンジウムを注入した実験は少しばかり雑だった。試験体の血液と混ぜた後に注入すればどうなるだろう…

そうだ。これが答えだ!エドモンジウムは知っていたはずだ。もうすぐ、私たちは1つになれる。もうすぐ、私も高みに登れる。

■#25

ark150
何というパワー!何という美しさ!どんどん力はみなぎってくる。これほどの覚醒状態になったのは初めてだ!もちろんリスクはあった。私のプロセスはまだ完璧じゃない。だが左腕の血管を遮断することで、左腕だけに変性を留めることができた。これで神に昇華する前に結果を調べることができる。

とにかく急ぐんだ!急げ!この下等生物たちから腕を隠し続けるのは無理だ。そうしたいという誘惑にもいずれ負けてしまいそうだ。超越者にならないようにするためにはとにかく自制心が必要だ。というか、それは駄目なことなのか?そのとおりだ!私にはその価値がある…

いや、耐えるんだ!耐えろ!お前は長い間待ち続けてきた、もう少しの辛抱だ。

#26

ark151
集められる限りのエドモンジウムを集めた。村人たちが不毛な祝祭に気を取られているのは幸運だった。

馬鹿どもめ!何がそんなに喜ばしいと言うのだろうか?ミス・ウォーカーの話は聞いた。彼女が何を成し遂げたにしろ、私の偉業に比べたら無に等しい。無だ!彼女は何者でもない!真の科学者、真の天才はこの私だけだ。じきにそれを証明してやる!

良くやった、ロックウェル。本当に良くやった!これだけのエドモンジウムがあれば十分だ。これさえあれば私は無敵だ!ついに、ようやくこのときが来た!

#27

ark152
最後の準備は整った。このペンを置き、最後の実験を開始すれば、私の最終目標はついに達成されることになる。

高くそびえるエドモンジウムの玉座から、間抜けな定命者たちを見下ろすことになるのだ。このサー・エドモンド・ロックウェルは神となる!今日から、地球と天国は身震いすることになるのだ!神聖な金属の川に勝利の歌を歌わせ、その歌声を洞窟の最深部まで届けてやろう!価値のない者は間もなく訪れる大いなる運命に絶望するがいい!お前は私をあざ笑った者たちと一緒に飲み込まれるだろう!

今日この栄光の日をもって、私は高みへと登るのだ!

#28

ark153

(本文なし、画像のみ)

#29

ark154

(本文なし、画像のみ)

#30

ark155

(本文なし、画像のみ)

ロックウェルのその後

エレメントを取り込んだことにより、ARK世界と繋がったロックウェルは村を壊滅させその場を後にします。その後は追ってきたメイ・インと戦闘になり、遅れてヘレナもそれに合流し激闘を繰り広げます。最後は戦闘の末に空いた大穴に叩き落され、アベレーション世界の底へと落ちます。



もうね、完全なるマッドサイエンティストですね!ヘレナのノートでは何故ロックウェルが怪物になってしまったのかの謎が解けませんでしたが、ここで理由が「液体エレメントを体内に注入したから」という理由が判明します。

終始ロックウェルが言っている固形のエドモンジウムは「エレメント鉱石」のことでしょう。「溶解したエレメント」はアイテムとして存在していませんが

ark156

もしかしたら地下の最下層に流れてるこのあたりにそれらしいものがあるのかもしれませんね。ダメージを受けるこの水がそうなのかもしれませんが、こちらはどちらかと言うと「土壌に溶けたエレメントが水に交じっている状態」な気がします。

あとノート内では特に深く触れられていませんでしたが、ロックウェルが最初の実験体に選んだシャインホーン、実はメイのシャオだったのでは?と思ってます。「村の連中が飼っているペット」って言ってるので恐らくメイのシャインホーンが選ばれたのは偶然なんでしょうけどね。

さて、ロックウェルは完全に驕っているわけですが、この気配はわりとアイランドの最初の方からありましたよね。それらは自分への「絶対的自信」と他者への「差別」で出来上がっていると思うのですが、ここにきてそれが本当に顕著に表れた形になります。根拠のない自信ならよかったですが、実際にやり遂げてしまったあたりたちが悪い!

28~30までは画像のみですが、内容としては「超越者」になったロックウェルがARK世界を蹂躙しようとしている様…を映し出している図になります。(昔は文字があったのですが削除されたのかバグなのか現在は確認できず…もしまた追加されるようなことがあれば追記します)

超越者ってなんやねん!って思われるかもしれませんが、ようは高次元の存在というか、まあほんとに神様みたいなものです。今まで知らなかったこと、理解できなかったことが理解できるようになり、ああARKってつまりこういうことだったのか…!ARKを感じるぞ!って「解る」状態になったのが豹変したロックウェルの正体です。

ロックウェルがこうなってしまった理由は自分にあるとヘレナは感じてましたが果たしてどうですかねー。もともと悪の素質があった感は否めませんが…。ただアイランド編の途中で「彼女の意見にもう少し聞く耳を持つべきだったと反省している」「ミス・ウォーカーにもお願いして参加してもらおう」という文があるので、この時にヘレナと歯車がかみ合っていればここまで悪化することはなかったかもしれませんね。

さて…今まで全てのマップに登場し皆勤賞だったロックウェルですが、読んだ通り彼の物語はこのアベレーションで終わりとなります。ネルヴァとはまた違った悲劇を辿ってしまった最後でしたね。

次回は特殊なノートとなる大学院生たちのエクスプローラーノートを見ていきたいと思います。今までのノートは誰かしらと内容が繋がってましたが、この子達は誰とも繋がっていない(大学院生のノートで完結してる)ので、ちょっと新鮮で面白いノートになっています。お楽しみに。


ストーリーに関する記事一覧はこちら → ストーリーのまとめ記事(リンク集)