ark-56


ストーリーに関する記事一覧はこちら → ストーリーのまとめ記事(リンク集)

前回はアイランドからスコーチドアースの世界に飛ばされてきたヘレナのストーリーについて紹介しました。今回は同じくアイランドから飛ばされてきたエドモンド・ロックウェルのストーリーについて紹介したいと思います。アイランド編をまだ見ていない方は先に見ておくとより楽しめると思います!読みやすいよう、あくまで私なりにまとめたストーリー内容となりますのでその点よろしくお願いします。原本が気になる方は是非エクスプローラーノートを集めて見てみてください!

ロックウェルの調査書の数は30枚となります。最後も内容がぎっしりのため縦に長いです。駆け足でいいから大体のストーリーだけ知りたい!という方は最後らへんにある「まとめ」をお読みくださいませ。

スコーチドアース編 エドモンド・ロックウェルのストーリー

(※ )部分はストーリーが分かりやすいよう入れている注釈です。
ゲームのストーリーやメタ的な部分については太字にしています。

#01

一体何なんだ!いくら考えても、あの祭壇で見つけた機械の正体が分からない。また混乱してきた。

ここにかつて私の助手をしていた、あの眼鏡をかけた神経質がいれば… 名前は何だったかな… ジェラルド?ジェラーデ?運が悪い連中から頂戴した機器をいじるのが好きだったあいつだ。奴がここにいればよかった。いい奴だった。そう言えば、初めて「ARK」という言葉に触れたのも、奴が拾ったその手のガラクタの内部にそれが刻まれているのを見つけたときだった。

奴がコンプソグナトゥス(※アイランドにいる、足元に集まってくる小さい恐竜のこと。集団になると襲ってくる)にやられたのは残念だった。あのような優れた助手がいたら、こんな荒涼とした砂漠に来ることもなかっただろう… いや、こんな調子ではだめだ。ロックウェル、弱音を吐くな!与えられた機会を最大限に利用するんだ。

#02

さてと!灼熱地獄から避難できる場所を見つけたことだし、この日陰の休息所を拠点にして、我が探検の目的を明確にしよう。意味もなくたださまよっていては、ジェラルドと同じ運命を辿るのが落ちだ。

まず地元の部族を見つけよう。もちろん物資と乗り物を手に入れるためだ。

ark86

次に、祭壇の壁を覆っていたあの奇妙な金属について調べる必要がある。軽く調査しただけで、あれに驚異的な可能性が秘められていることが分かった。だがこの地でも見つけられるだろうか?

#03

砂漠ほど自分の死を意識せざるを得ない場所はない。私が屈強な若者であれば、この砂漠で一人何年も生き抜くことができたかもしれない。私はかつて、空のフラスコ瓶とお気に入りのパイプのみでベンガルトラをやり過ごしたことがある。この間に合わせの槍があれば、怖いものなしだったはずだ!

しかし、年を重ねるにつれこの忌々しく無慈悲な太陽が体力を奪い続けていることを実感する。日に日に移動できる距離が短くなっている。

どれだけ原始的であろうと、一日も早く文明を見つけなければならない。しっかりとした道具と物資がなければ、この冒険も長くは続かない。

#04

ヒャッフー!人間の痕跡をついに見つけたぞ!

今日の午後、最近つけられたばかりの足跡が遠くへ続いているのを発見した。人のものと大型の家畜と思わるものが混在していた。誰の足跡かは分からないし、彼らの文明度も不明だが、贅沢はいえない。救世主がいただけでもありがたいと思わなければ。

体力が戻り次第、正体不明の足跡を全力で追いかけよう。素晴らしき紳士にして学者のサー・エドモンド・ロックウェルの物語を、今日ここで終わらせる訳にはいかない!

#05

救済、汝の名はプロフェッツ・レストなり!

適切に食事をし、日陰でしばらく休むと、間に合わせの砦はその名に全く相応しくない場所に思えた。だが砂丘の向こうに立つ壁を最初に見たとき、それはまるで黄金郷のように私の目に映った。私は偶然の発見をただ感謝した。

ここに来て出会った住人はほんのわずかだが、彼らは食べ物と休む場所、そして身体を拭くための濡れた布(貴重な水をそんな風に使うとは、よっぽど気前がいいのだろう!)を提供してくれた。どうやら友好的な部族のようだ。

しかし彼らの服装には首をひねりたくなる。あのローブは機能よりも儀式的な意味合いを重視したものか?(※ワリと同じ格好、もしくは神官が着るローブのような物と思われる)

#06

プロフェッツ・レストは要塞というよりはむしろ、飛び地や修道院のようである。名前からしてそうなのだろう、そうに違いない。

奇妙に思えるかもしれないが、ここの原住民はARKのオベリスクを中心に原始的な宗教を作っていた。(※ライアがいなくなった後も信仰だけが残っている状態)彼らは一日に三回、異なるオベリスクに向かって祈りをささげる。その服には赤、緑、青の星が描かれている。青いオベリスクは近くにあるため、特別視されているようだ。

彼らの自分の信じる迷信(宗教)について魅力的なまでに無知であるため、私が遭遇したことのある野蛮な宗教とは大きく違う。また、プロフェッツ・レストは医者を必要としており、私には物資が必要だ。

#07

プロフェッツ・レストがなぜあれほど水に対して気前がいいのか分かった。庭の端にある井戸は、地元の人間が「水脈」(地中から無限に湧き出てくる水)と呼んでいるものの上に直接建てられている。

この存在はちょっとした奇跡だ。だがあの祭殿で私が目にしたものに比べたら「ちょっとした」という形容詞がしっくりくる。ARKは、あの島がそうであったように星の中を漂っているのだろう。途方もない発想だ!そんなことがあり得るのか、私には知る由もないが、あの素晴らしい金属鉱石が鍵になっているはずだ。それだけは間違いない。

#08

ark87

修道院の医者として私の仕事の多くは取るに足らないものだ。時折、負傷した守衛がやって来るが、熱中症や軽い病気などの治療が多くを占めている。このため、プロフェッツがオベリスクについて知っている程度のことを学ぶ時間が十分にあった。

彼らは、文字通り信仰の柱となることについて驚くほど無知である。オベリスクが起動可能な装置であることも知らない。言わずもがな、起動させた経験もない。

アーティファクトについては多少の理解があるようだが、どちらにせよ私は探究を続けていくしかない。

#09

信じられない。この偶像崇拝の間抜けどもは、判断力のすべてを盲目な献身と入れ替えてしまったのか?息苦しいほどの暑さの中で何年も過ごすうちに頭が狂ってしまったのか?

ark88

私はようやく修道院の聖域を見ることを許されたが、この原始人どものあがめる祭壇の上に安置されていたのは、私が島の地下で見つけたものと似た輝くアーティファクトだったのだ。だが、ここの馬鹿どもはそれを利用するでもなく、研究もせず、代わりに祈るばかりなのだ!

このアーティファクトの正しい価値は、ここにいるマヌケどもにはわかるまい!神聖な遺物だと?まったくだな!

#10

時間は掛かったが、ようやく1人で生きるための十分な物資と道具が集まった。これらをラクダのような獣に乗せるのは骨の折れる作業だった。しかし何より大変だったのはアーティファクトを盗むことだ。

内部は常に見張られている。私は守衛たちの交代時間を注意深く観察し、誰の飲み物にクスリを入れるべきかを見極めた。その後も迅速かつ抜け目なくことを進めた。そうしなければ、朝の祈りにやってきた司祭に気付かれてしまう。

彼らが気付く頃にはもう手遅れだ!サー・エドモンド・ロックウェルはいつも敵の一歩先を行く。それも単なる一歩ではない。奴らの手が届かないほどの大きな一歩だ!

#11

プロフェッツ・レストを発ってから数日経つが、どうやら尾行されていないようだ。予想通り、彼らは私が最も近くにある青のオベリスクを目指すと踏んでいるのだろう。残念ながら私が目指すのは緑のオベリスクだ。単細胞の狂信者どもを出し抜くのは容易い。私はお前たちのはるか先を行くぞ!

邪魔者がいなくなったところで、少し腰を落ち着けて、奴らの聖なる遺跡とやらについてしっかり調査をしておく必要がある。使われている材料が星明りの祭壇の金属鉱石との類似性について、とても興味がある。

#12

オベリスクは私が想像していたよりも強くアーティファクトに反応している。島にある各オベリスクからこのような反応を引き出すためには8つのアーティファクトが必要だ。3つでは足りない。(※SEのボスであるマンティコアは3つのアーティファクトで召喚できる。アイランドと同じだと勘違いしている可能性が高い)つまり、ARKが私のために用意した恐ろしい獣を召喚する前に、洞窟探検はこれ以上しなくても良いということだ。

あとはあの獣だ。私の若さとお気に入りのパイプをもってしても、ミスター・ネルヴァが戦ったようなドラゴンに勝てる見込みはない。1人ではなおさら。相棒が必要だが、適任者はいるだろうか?

#13

ark89

原住民たちと接触するため、北に引き返すことにした。もちろんリスクを伴うのは分かっている。オベリスクを崇拝するカルトの息が掛かった粗野な連中がどれだけ待ち受けているだろうか。しかし、私の知る限り、人がいることが確定している唯一の地なのだ。

力を貸してもらうための対価はあまり持ち合わせていないが、少なくとも1つのARKのトライブとなら交渉する機会はあるだろう。気付けば何年もこの島の外交を担ってきた。私は経験豊富で雄弁な交渉者だ!原住民と同盟を結ぶくらい朝飯前だ。

#14

何という不運だろう!私の優れた方向感覚のおかげで現地の開拓地にだどり着くことはできたが、そこを訪れたのは私が最初ではなかった。バーニングフェニックス一派は略奪集団で、私が到着した時には、貯蔵庫から物資を略奪したり、居住者たちを奴隷化していたのだった。

当然、その無法者たちは私の姿を確認すると、貴重品などを奪っていった。悪党め!日記だけは死守したが、他はほとんど盗られてしまった。

最悪だ!武闘派のトライブを見つける必要がある。これを良い機会と捉えるべきだろう。

#15

頭の固い野蛮人どもめ!礼儀正しく紳士的に何度も頭を下げたのに、リーダーに会わせてくれない。愚かな未開人ならともかく、集団の長ならまだ話が通じると思ったのだが…

それと、周囲から聞こえるこの泣き声はどうにかならないのか!これではまったく集中できない。囚人達の半分はここやあそこを怪我したと嘆き、残りの半分は意味もなく絶えずわめいている。

まあいい。私が怪我人を看てやれば、この耳障りな騒ぎも少しは収まるだろう。

#16

ついに静かで落ち着ける場所を手に入れた!傭兵達により私は個室へ移された。移動の理由を教えてくれなかったが、治療中に彼らの視線を感じることが何度かあったので、おそらく私の医療技術に目をつけたのだろう。

この地では医者が必要とされているようだが、そのことは驚かない。ここも他の場所と同じということか。それならそれで構わない。医者としての私の技量は衛生兵の域を超えないが、自分の立場が有利になるなら、与えられた役割を演じ続けよう。

#17

何日もかけて移動した末、ようやくバーニングフェニックスの集落に到着した。かつての仲間達は奴隷小屋に連れて行かれたが、私は部族長の面前に立たされた。

その昔栄華を誇ったタタール帝国の話を聞いたことはあったものの、彼らの地に足を踏み入れたことはなかった。ただ、どこからどう見ても、部族長のティムールは伝説のカーンに生き写しだった。(※ARK内は色んな時代の人物がいるため、本人である可能性が高い)威厳ととっつきやすさを兼ね備えた彼は、革と骨でできた王座に腰掛けたまま、苛立った様子で私に問いを投げかけた。

彼は私の知性と紳士的な立ち振る舞いに感銘を受けたようだ。はっきりとそう口にしなかったものの、それは明らかだった。なぜなら彼は独房ではなく、こぢんまりとした個人用の寝室を私にあてがったからだ。

#18

ティムールが医者を求めた理由をずっと考えている。彼はいたって健康そうだし、私がここに来て以来、患者という患者を見ていない。まあ、これ以上考えても仕方がない!

ark90

ティムールには妻がいて、妻は子供を育てている。

血に飢えた侵入者でさえ、恋に落ちることはある。あるいは少なくとも、家族を求める。私自身は女性を守り、子を授けることを求められなかったので、少し変わっているのかもしれない。出産の時に子供や妻を失うリスクに耐えられそうにない。そしてそうなった場合、私はすぐさま後を追うだろう。

#19

ナスリン(※ティムールの妻の名前)と彼女の夫は全く異なる人間だ。彼女は小さな花のように控え目で、というよりは、妊娠がそうさせているのかもしれない。

今も自分のタイミングが適切だったのかは判断しかねる。数週間後に、ティムールは医者を必要としないのかもしれない。しかし、準備する間もなく馴染みのない状況に立たされる可能性もあるのだ。
私が置かれている困難な状況は置いておくとして、この一連の出来事をとても興味深く思っている。ARKで次世代にバトンを渡す可能性については思ってもみなかった。しかし、考えてみればこれは自然なことだ。その他の動物と同様に、人類にも生殖本能はある。それが種を維持させる唯一の方法だ。

#20

ロックウェルよ、お前は成し遂げたのだ!母子ともに無事で、ティムールは父となったことを誇り、私の頭はまだ肩にくっついたままだ。私がティムールの祝いの宴の主賓でさえあった理由でもある。バーニングフェニックスの余興の協議は楽しかったとは言えないが、食事は美味しかった。

私はティムールにオベリスクやアーティファクト、それらによってもたらされる莫大な力についてささやくことで、一時的な信頼を得られることも確信していた。彼が行動に移るまでに時間はかかるかもしれないが、注意しておけば、私は彼を将軍に変えることができるかもしれない。

#21

サー・エドモンド・ロックウェルは、またしても説得に成功した!不運なキャラバンや村々を破滅させているバーニングフェニックスに対して、我慢の限界が来た私は、ティムールにオベリスクの守護者を相手に力試ししてはどうかと持ち掛けた。

確かに不安はある。ティムールはミスター・ネルヴァのようなリーダーではないし、彼の敗北は私の敗北を意味する。それでも他に選択肢はなく、成功の対価はそのリスクを補って余りある。オベリスク、星明りの祭壇、それにあの貴重な鉱石があれば、私が科学者、紳士、探検家であった歴史を刻むための礎となるだろう。

#22

見つけたぞ!ついに見つけた!祭壇にあった謎めいた鉱石と同じサンプルだ!

ark91

あの恐ろしい獣が保護していたのだろう。ティムールと彼の残虐性には感謝しなければならない!彼がワイバーンの背から飛んだ時はもう駄目だと思ったが、あいつはあの化物の角を掴み、眼を執拗に抉った。あれほど残忍で効果的な蛮行は見たことない。

もちろん、この戦いで多くの仲間を失った。だがこれも想定内だ。進歩は犠牲を伴い、彼らがそれを認識していなくても、彼らの死によって人類は未来に進むことができるのだ。

#23

この鉱石は本当に特別だ!凍えるような砂漠の夜でも触れば温かいし、まるで心臓があるように脈を打っている。私が知っているどの天然素材より軽くて丈夫だ。このような物質から何を作ることができるのだろう…

名前でも考えるべきだろうか。何が良いだろう?ロックウェリウム?エドモニウム?

残念ながら、今は他にやるべきことがある。ティムールとバーニングフェニックスは役割を果たした。いつまでも甘えているわけにはいかない。偉大な戦士に求めていたものを渡す時が来たようだ。

#24

ark92

ティムールに哀れみを。勝利に浮かれるあまり、最大の脅威が迫っていることに奴は全く気づいていなかった。今その身体は、自分が倒した獣の切断された頭部の下敷きになっている。両目は腫れ上がり、開いた口からは血が流れ落ちている。

少なくとも、私の記憶ではそうだ。私は自分の手柄に酔いしれることなく、バーニングフェニックスの戦士達の最初の一団が毒入りのごちそうに倒れると、すかさずその場を去り夜の闇に消えた。アーティファクトとエドモニウムを手にして。

悪党どもには天罰が下ったのだ!私のような紳士的な学者に相応しいもてなしを怠ったせいだ。彼らがいなくなり、この砂漠の未来は明るくなった。

#25

バーニングフェニックスの野営地から首尾よく立ち去ったが、手持ちの物資を確認する暇はなかった。狩りをして補給しなければならない。

だが一向に構わない!かつて私はセレンゲティの平原で、突進してくるサイを打ち倒した。あの頃の元気はもうないかもしれないが、野営地から持ち出したこの武器があれば、何とかなるはずだ。友好的な部族に遭遇したら、すぐに武器を情報と交換することも考えたが、弾薬を数発自分のためにとっておくのもいいだろう。

#26

ark93

使える器具は限られていたが、エドモニウムの初期実験を何とか行うことができた。私の知見に基づけば、一般的な溶鉱炉ではエドモニウムの鉱石を溶かしてインゴットにするのは不可能だ。おそらく金属結合の度合いが強すぎて、融点が通常の金属よりも高くなっているのだろう。

もっと本格的な実験のためには、研究所のような施設を作らなければならない。しかしサンプルの量が少ないため、後先を考えず実験に没頭する訳にもいかない…

くそっ!この件についてはまたあとで考えよう。ぐずぐずしていると、砂嵐に巻き込まれる恐れがある。

#27

忌々しい天気だ!砂嵐のせいで馬とはぐれてしまった。しかも空が晴れると、あの裏切り者のミス・ウォーカーと再会する羽目になってしまった。私に会えてどれほどうれしかったのか、彼女はあらゆる嘘をまきちらした。だがあの女の本性など全部お見通しだ。

ark94

彼女の狙いは間違いなく私のエドモニウムだ。手っ取り早く私を殺して奪おうとしないのは、私の知恵がなければその活用方法が分からないからだ。ミス・ウォーカー、それならこちらにも考えがある!しばらくは温厚な老科学者を演じさせてもらおう。しかしお前にだまされることは二度とない!

#28

自分に先を見通す力があったことに感謝しよう。ミス・ウォーカーがあの島で囚われの身になったとき、私は自身の存在を隠した。だから彼女は、私が彼女の裏切りを知らないと信じ込んでいる。それを巧みに利用して、私はあの詐欺師を逆にだましてやった!

ark95

彼女に連れ添ういかめしく口うるさい女は、また別の問題だ。あいつは鋭く疑念に満ちた視線で、こちらを睨んでいることがよくある。ティムールと同じ方法で対処してやってもいいが、彼女はティムールより用心深いかもしれない。ひとまずできるだけ上手く私の本性を偽ることに集中しよう。

#29

私はミス・ウォーカーを買いかぶっていたのかもしれない。エドモニウム鉱石については、特に考えもなく黙認していたが、彼女が関心があるのは私が持っているアーティファクトだ。

もっと早く気付くべきだったが、彼女の専門は生物学だ。エドモニウムの特性など彼女には理解できないだろう。

この事実に少し安心したよ。ミス・ウォーカーが私を出し抜こうと企んでいたとしても、彼女が狙っているものは的外れだ。エドモニウムの研究に細心の注意を払っている限り、遅れをとることはない。

#30

ark96

怖そうな目つきでにらんでくるあの「ワリ・アル・アスワド」という女とは、早くおさらばしたい。向こうもそう思っているはずだ。彼女は「星明りの祭壇」へと続くARKの入口まで我々を送り届けてくれたが、別れの手土産はそれだけだった。

「砂漠の魔女」がいなくなれば、ミス・ウォーカーと私にとって状況は好転するだろう。ミス・ウォーカーはエドモニウムに秘められた力に全く気づいていない。そして島で彼女が行った策略について、私が何も知らないと信じ込んでいるようだ。

彼女がおもちゃや骨とう品で今後も遊びたいなら続けるがいい。暇だったら手伝ってやってもいい。ひとまず彼女の目と鼻の先で、宇宙で最も素晴らしい物質の秘密を、私が解き明かしてやろう!

ロックウェルまとめ

アイランドの洞窟でみた機械(エレメント)の正体をなんとか突き止めたいと考える。まずは生き残る為にプロフェッツ・レストという小さなトライブに入る。彼らがオベリスクを信仰していることに気づくも、信仰対象であるオベリスクにまったくの無知であったことに苛立つ。その後彼らの信頼を勝ち取り村の聖域に踏みいることに成功。そこにはアーティファクトが飾られており、彼らが研究も利用もするでもなく、ただただ飾っていることに憤怒する。隙を見つけてアーティファクトを盗み逃げだすことに成功。

洞窟を攻略するための協力者を探し始める。人が居そうな北へ引き返し開拓地にたどり着くも、バーニングフェニックスという略奪トライブに鉢合わせ、日記以外のすべての荷物を奪われる。一緒につかまっていた怪我人の泣き声が目障りなため、静かにさせようと治療などをしていたところ、その医療技術に目を付けたバーニングフェニックスはロックウェルを開放。本拠地へと移動させる。

バーニングフェニックスのリーダーであるティムールには妊娠している妻がおり、ロックウェルにそれを見るよう依頼。その後無事に出産は成功。ティムールの信頼を勝ち取ることに成功した。同時にティムールにオベリスクやアーティファクトの力について少しずつ進言。彼らの振る舞いに嫌気がさしてきたころにボス攻略で力試しをしてはどうかとけしかけ進軍させる。

ティムールの活躍によりボス討伐は成功。ロックウェルは無事アイランドの祭壇にあった鉱石と同じサンプルを入手。鉱石に「エドモニウム」と名前を付ける。と同時に、役割を果たしたバーニングフェニックスとティムールを毒殺。アーティファクトとエドモニウムを手にしその場を立ち去った。

エドモニウムの初期実験に成功するも、本格的な実験には研究所が必要であると考え始める。その後砂嵐で遭難していたところ、ワイバーンで砂漠を巡回していたヘレナと再会を果たす。自分を出し抜こうとしていたヘレナは裏切り者で、エドモニウムを狙っているに違いないと考えるロックウェルは、言葉巧みにヘレナを騙す。そしてヘレナが興味あるのはアーティファクトで、エドモニウムでないことに気づく。彼女の知識は自分の脅威にはならないと判断し、監視し続けてくるワリと離れるため、ヘレナと供に島を脱出することにする。

ロックウェルのその後

手にしたエドモニウムと共に、ヘレナとアベレーションの世界へと飛びます。ヘレナは自分の脅威ではないと確信したため、彼女と協力しながら過ごすことにしました。



快く受け入れてくれていたトライブからアーティファクトを盗んだり、他キャラバンなどに非道を繰り返していたとはいえ、世話をしてくれていたトライブメンバーを問答無用で毒殺した後必要なものを奪って逃走するなど、スコーチドアースのロックウェルはマッドサイエンティスト…というよりは、サイコパスに近い振る舞いをしていますね。

彼が手に入れたエドモニウム。基本ボス部屋にしかないあたり、正体はエレメントだと思われます。ノートに描かれている形状を見るに、持ち歩いてるのはエレメントの破片か、加工されたエレメントの可能性が高そうですね。確かにエレメントから作れるTEK装備や建材は強力で便利ですからね。素材となるエレメントの秘めたる力にロックウェルは気づいてるんでしょう。

ヘレナについては、アイランドで自分を出し抜こうとしていた裏切り者と認識しています。勿論誤解なんですが、ヘレナも特に昔のことについては言及していないため誤解されたまま終始話が進んでいきます。誤解が溶ければもうちょっと明るい話になりそうなだけに、やきもきしますね!(明るくなってもロックウェルの性格は既に終わってますが...)


以上!スコーチドアース編 ロックウェルのストーリーでした!これでスコーチドアース編はおわりとなります。次回はアベレーション…と言いたいところなのですが、相変わらず公式の翻訳がぶっこわれたままなのと、ちゃんと翻訳されてる資料が手元に全然残っていなかったためかなり難航しそうです。

さすがに80枚近いノートを1から翻訳するのは骨が折れるし、人様がした翻訳を丸々乗せるのもどうかと思ったため、アベレーションについては公式翻訳が戻り次第再開したいと思います。楽しみにしてくれている方は申し訳ありませんが、翻訳が直るまでしばしお待ちを!

ノート自体はもう全部集めてるんですけどねぇ…早くアプデで直してくれぇ…。ジェネシスを遊ぶ気はあるので、パート2が出るころには翻訳直ってるといいなー。淡い期待を抱きながらのんびり待とうかと思います。


ストーリーに関する記事一覧はこちら → ストーリーのまとめ記事(リンク集)