ark97



ストーリーに関する記事一覧はこちら → ストーリーのまとめ記事(リンク集)

前回のARK日記から大分開いちゃいましたね!たまにログインしてはエクスプローラーノートを開き、翻訳直ってなくてガッカリする日々を送っていたんですが、先日アベレーションだけ翻訳が直ってることに気づきました。

アベレーションの次の舞台であるエクスティンクションの翻訳はまだおかしいままだったので、正常なうちにアベレーションのストーリー紹介だけでも!と慌ててこの日記を書いてる次第です(笑)早く他のノートの翻訳も直るといいなぁ。

さて、今回の舞台はスコーチドアースの次のMAP、「Aberration(アベレーション)」となります。各登場人物のストーリーを掘り下げる前に、まずは登場人物紹介とMAP紹介をしていきたいと思います。ストーリーを深く理解したい方は、アイランド編→スコーチドアース編をご覧になってから楽しまれることをお勧めします。

それでは早速見ていきましょう!


アベレーション編 登場人物紹介

アイランド・スコーチドアースともに、今まで4人の登場人物でストーリーが構成されていました。アベレーションも同じかと思いきや、今回はなんと10人分のエクスプローラーノートが散らばっています。(正確には4人と1グループなのですが後述)語り手が4人以上になるのは初めてなため、なかなか新鮮でおもしろいストーリー作りになっています。


【ヘレナ・ウォーカー】

アイランド、スコーチドアース編から続投。ARK界での主人公。ARK内の生物調査書も全て彼女が書いてます。設定はオーストラリア出身の現代人で生物学者。スコーチドアースの調査を終え、ロックウェルと共にアベレーションの世界へと飛んできました。

ark23
調査書は引き続き緑色のシンプルな箱から発見できます。生物調査書も同じ箱からでます。

【エドモンド・ロックウェル】

19世紀ごろのロンドンで活躍していた科学者。ARK界の準主人公。いわゆるマッドサイエンティストで、ARKの世界へ来てから様々な研究に精を出している。ロックウェルレシピは文字通り彼が考案したもの。ヘレナと一緒にスコーチドアースの世界からアベレーションの世界へと飛んできました。

ark24
調査書は今回も宝箱のようなアンティーク調の箱に入ってます。

【メイ・イン・リー】

中国の三国時代を生きていた女性。テイミング能力が非常に高く、手懐けた恐竜軍団を使っての戦闘にも長けている。古代中国人のため、調査書も筆で書かれたような古風な中国語で書かれている。添えてあるイラストも一癖あるのが特徴。アイランドでネルヴァとの死闘を繰り広げた末、アベレーションの世界へと飛ばされてきた。


ark25


調査書は文字が掘られ、古銭のような飾りがついた石のような箱に入ってます。

【ダイアナ・アルタラス】

私たちやヘレナからみた場合の未来人。地球連合共和国軍の戦闘機パイロット。TEK技術について知っており、仲間もオベリスクをハッキングするなどARK内のシステムをそこそこ理解している。そのせいで逆にアベレーション内の環境を破壊してしまうことになるのだが...。

98
調査書は近未来的な鉄の箱に入っています。記録は電子媒体で残されており英語で書かれている。

【とある大学院生】

今回アベレーションの登場人物を多くしているのがこの子達です。調査書は「とある大学院生」とひとくくりにされていますが、書き手は合計6人います。登場する大学生たちの名前は「ラスティ・スタンフォード」「エミリア・ミューラー」「ボリス」「トレント」「イマム」スカイエ」の6人。(PS4では卒業生となっており、調査書も卒業日誌となっているそうです)

ark99
ノートは大学生らしくリュックに入っていることが多いです。ノートが落ちている場所や内容に注目してみると色々と気づきがあるかもしれません。

アベレーションの世界について

Aberration(アベレーション)とは、「正道をはずれる・脱線・例外的な状況」といったような意味があります。実際アベレーションの世界は「ARK島内のシステムが破壊された世界」を舞台にしており、昼間に地上にでると太陽光に焼き尽くされるという環境下にあります。(最初は正常な島でしたがとある理由により途中から脱線してしまいます)



(地上環境は動画1:10あたりから)

地上の活動は夜しかできないため、基本は地底での生活・冒険していくMAPとなっております。突然変異してしまった生物が多くいるのも特徴。みんな洞窟生活に適応しているため、壁に張り付いたり滑空したりできる生物はいますが、空を自由に飛べる騎乗生物は存在しない。また、地下の最下層は放射能にさらされているため防護服を一式つけないと死んでしまう環境となっております。

以下マップの代表的な独自生物です。なんとなく覚えておくだけでもよりストーリーを楽しめると思います。

【 発光生物 】
アベレーション攻略での鍵。体内に光をチャージすることができ光源として利用できる。暗い洞窟を照らしてくれる頼れる存在。中層以降は彼らの光源の有無で生存率が変わるといっても過言ではない。
【 ネームレス 】
発光生物の光が嫌いな攻撃的な生き物。攻撃的で飼い慣らすこともできない。数が集まるとリーパーを召喚する特徴があり放置しているとなかなか厄介。
【 リーパー(クイーン、キング) 】
エイリアンのような見た目をした生物。恐ろしく大きく、速く、強い。発光生物の光が苦手。というか発光生物がいないと倒すのはほぼ不可能といっていいレベルである。生物に寄生して繁殖する、死ぬと酸の体液を残す特徴もある。頂点捕食者。
【 シーカー 】
巨大蝙蝠のような生物。リーパーとは逆に発光生物を好んでおり(恐らく捕食している)、発光生物を連れていると逆に倒しづらくなる。遭遇するとかなりうざい。
【 ロックドレイク 】
壁を這ったり対岸まで飛んだりと、発光生物同様アベレーション攻略での鍵となる存在。トレイラーの冒頭20秒でも確認できるが、自身を透明にする能力がある。頂点捕食者。
【 バジリスク 】
地中に潜っている伝説上の大蛇。昏睡毒などの状態異常攻撃もしてくる。普段は地中から尻尾部分だけを出している。


以上がアベレーション編のストーリーを見ていくうえで知っておくといい前知識でした!次回から早速ストーリー紹介を始めていきたいと思います。アベレーション編の一番手は、新キャラとなるダイアナから紹介していこうかと思いますのでお楽しみに。



ストーリーに関する記事一覧はこちら → ストーリーのまとめ記事(リンク集)